車査定で最高のクチコミ
ホーム > 便秘 > 乳幼児の便秘と便失禁について

乳幼児の便秘と便失禁について

 

 

乳幼児の便秘は最初の対処を誤ってしまうと症状が悪化してしまう可能性が非常に高いので、早めに正しい方法で改善することが大切です。

 

時間が経過してしまうと子供の腸が太く長くなってしまい便が出にくくなって慢性化して、さらに悪化すると便失禁という状態になります。

 

便失禁というのは子供の便秘が悪化してしまって、腸の反応が悪くなり、大便をもらしてしまうことです。

 

通常の場合には便が出そうになっても肛門の筋肉を締めることで我慢できますが、便失禁では便が出てくる感覚がないので、そのままもらしてしまいます。

 

このことが続いてしまうと、まずは子供たち自身の心が傷ついてしまいますし、いじめの原因や将来的なコンプレックスになります。

 

小学生以上の子供たちで便秘が長く続いたり、便失禁が続いてしまう場合には専門医に受診して、正しい治療を受ける必要があります。

 

 

まずは便秘を繰り返したり、便失禁するほどためないよう家庭でできることを試してみることが必要でしょう。

 

決して浣腸などでやり過ごすことはしないで、便秘がいつまでも続くならきちんと小児外科にある便秘外来などに通院しなければなりません。

 

通院をすると専門的な検査が行われて、原因が判明すると、それを取り除くための治療が行われます。この治療は短期間で完了するようなものではないので、入院を含めてある程度の長い期間を必要とします。

 

そのようになるまで便秘を悪化させてしまうことのないよう親としては十分にサポートしてあげたいですね。DHAサプリが子供に必要な理由