車査定で最高のクチコミ
ホーム > 値引き > 無担保ローンを利用する際のメリットとデメリットについて

無担保ローンを利用する際のメリットとデメリットについて

は無担保でローンを組む場合に得られるのはメリットだけでなくデメリットもあります。無担保ローンとは、その名のとおり担保を用意することなく借り入れを行うローンのことを指します。

 

担保に使える不動産や自家用車を所有していない人でも、ローンの申込みをすることができます。ローンという表現とは一見関係がないもののように思いがちですが、クレジットカードのキャッシング機能も、無担保ローンのカテゴリーに入ります。無担保ローン融資を行っている金融機関は多く、銀行や、消費者金融会社からの借り入れも可能です。

 

無担保ローンのいいところは、担保を必要としないで融資が受けられることの他、審査が短時間で済むことがあります。

 

審査の早い場合では、申し込みから融資まで1時間以内で行われることもあります。ただし、貸し付ける側から見れば万一の事故を想定した場合には、無担保のローンはリスクの大きい性質を持っています。

 

返済ができなくなった時のリスクに備えて、あらかじめ金利が高めに決められているわけですが、そのせいで返済が困難になります。無担保でローンを借りる時には、金利が高くなることは覚悟しておきましょう。

 

住宅ローンのような、土地や建物を担保にした大口融資と比べると、金利は段違いです。担保がない以上、融資の根拠は申込み者本人の信用だけです。

 

そのため、無担保ローンでは、返済能力がある顧客かを見極めるために、勤務先や、勤続年数、仕事内容、年収、過去のローン履歴などを調べます。今まで、借りたお金を返せなかったことがあったり、長期間の延滞をしたことがあると、審査では断られやすくなります。

 

新型プリウスの値引き金額